スポンサードリンク

まずはExcel VBAプログラミングの基本を学びましょう。

VBAExcelだけでなく、Microsoft社の Office製品で、共通して使えるプログラミング言語です。

VBE(Visual Basic Editor)という統合開発環境も、共通して使えます。

ただ Office製品ごとに扱えるオブジェクト(対象)が異なります。

例えば Excelでは、ワークシート、セル、フォームなどが、操作対象となります。

また Accessでは、テーブル、フォーム、レポートなどが、操作対象となります。

でもVBAの基本は、どれも同じなので、Excelで覚えたVBAの基本は、Accessでも使えます。

あとはそれぞれの Office 製品に特徴的な機能を学べばよいだけです。

Excelの最大の特徴は、ワークシートのセルにデータを簡単に保存できることと、その手軽さです。

セルに入力したデータは、Excelのツールバーにある「上書き保存」ボタンで、簡単に保存することができます。

データをテキストファイルに保存したことがあるプログラマーならわかると思いますが、この手軽さはとても便利です。

検索や抽出もExcelの基本的な機能として、最初から用意されています。

したがって「手軽さ」という点では、Access のようなデータベースよりも、Excelの方が便利です。

もちろん Access の方が便利なことも多いですが、Excelに比べると手間がかかります。

普段からよく使われるExcelは、初心者がプログラミングを学ぶツールとしても最適です。

基礎編では、Excel VBAを学ぶ上で欠かせない、セルとワークシートの扱い方から解説します。

まずは、Excel VBAプログラムの中から、「セルのデータを取得する方法」と「セルへデータを出力する方法」(書き込む)を覚えましょう。

またExcelでは、複数のワークシートを作成することができます。

そのため、ワークシートを指定してから、セルのデータを扱う方法も大事です。

図を交えて詳しく解説するので、プログラミング初心者でも大丈夫です。必ず理解できるようになります。

スポンサードリンク






Excel VBA 初心者入門講座 TOPへ