スポンサードリンク

ExcelのVBAプログラムで、メールを送受信する方法。

ExcelVBAプログラミングを行なうと、メールを送信したり、受信できるようになります。

普段よく使っているExcelからメールが送受信できるのは、とても画期的なことです。

たぶん今より、Excelの活用範囲が、10倍以上は確実に広がります。100倍と言っても過言ではないかもしれません。

そこで、プログラミング初心者向けに無料Web講座を用意したので、ぜひご活用ください。

メール送信・受信プログラミング初心者入門(Excel版)

この講座は、VBAプログラミングの基礎から学べるように工夫しているので、プログラミング初心者でも大丈夫です。

Excelを今より活用できて、しかもVBAプログラミングの基礎まで学べるのですから、一石二鳥です。

Excelの良さは、何といってもワークシートが編集しやすいことです。初心者でも数時間あれば、使い方を学べます。

また、データをワークシートのセルに簡単に保存できることも、大きなメリットです。

Excelなら編集が簡単で、一覧性があるので、メールアドレスや氏名などの管理がとても楽です。

このExcelの良さを、メールの送受信に取り入れたのが、上記の講座です。

講座を学ぶとすぐに気付きますが、ワークシートの列に並べたメールアドレスに対して、一括してメールを送信できるのは、とても便利です。

範囲を指定して送信することも可能です。

またメールの件名や本文中に、自動的に氏名を挿入することができます。

自動挿入を応用すると、メールにいろんなデータが挿入できます。

すると、一括送信したメールでも、個々に送信したような、親しみのある内容にすることが可能です。(フレンドリーなメール)

さらに、複数の添付ファイルを付けて送信することができます。もちろんメールごとに異なった添付ファイルを指定することも可能です。

他にも「ステップメール」を送信してみたり、様々な可能性を感じていただけると思います。

ぜひ一度ご覧ください。きっとあなたの仕事に役立ちます。

スポンサードリンク






Excel VBA 初心者入門講座 TOPへ