ExcelのVBA(Visual Basic for Applications)とは?

最近は、ほとんどのパソコンに Excel がインストールされています。会社では Excel を利用することが多いので、使える人は多いと思います。

Excel はとても高機能な表計算ソフトウェアです。Excel を使うことで、業務がかなり楽に行なえるようになりました。計算したり、グラフにするのも簡単です。

Excel は関数も充実していて、使いこなせる人はたくさんいます。マクロ機能を使っている人も、結構いると思います。

しかし Excel で VBA を使い、プログラミングできる人は、極端に少なくなります。

でも VBA がわかると、Excelを今の100倍くらい、フルに活用できるようになるのです。

・VBA(Visual Basic for Applications)

VBA は Microsoft社の Office製品で共通して使えるプログラミング言語です。

VBAを使うと、複雑な処理ができるようになり、Excelの活用の幅がグッと広がります。Accessなど、他の Office 製品と連携することもできます。

データ数が増えると、データベースの Access に移行したほうが良いこともありますが、そんな場合でも、VBAが分かると、抵抗無く Access を利用できるようになります。

VBA を使うメリットは、それだけではありません。

実は Excelの VBA を使うと、もっといろんなことができます。

・株や為替を売買する、システムトレードソフトウェアを開発することができる
・メールの送受信ができる
・RSSリーダーを作ることができる

もっともっといろいろあります。Excel はアイデア次第で、いくらでも可能性が広がるソフトウェアなのです。

多くの人は Excel でできることの一部しか体験していません。それでも十分役立つのが Excel の凄いところですが。

この機会に Excel で VBA の使い方を覚えて、今の100倍活用できるようになりましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






Excel VBA 初心者入門講座 TOPへ