ExcelでのVBEの画面構成について。

Excel(エクセル)でVBAプログラミングを行なうには、VBE(Visual Basic Editor)という統合開発環境を使います。

今回はVBEを開き、どんな画面構成になっているのか、詳しく見てみましょう。

【1】Excelのファイルを開きます。

*ファイルは何でもかまいません。


【2】VBEを起動します。

*「Altキー」+「F11キー」

VBEは、各ウィンドウで構成されています。

一見操作が難しそうですが、プログラミングを行なう時によく使うのは、以下の4つだけです。慣れてくると便利に感じます。


【3】プロジェクトエクスプローラ

excel-vba-04.gif

プロジェクトエクスプローラには、Excelのワークブック(ThisWorkbook)やワークシート(Sheet)が、階層形式で表示されています。

*プロジェクトが一番上位

ユーザーフォームや標準モジュールを作成すると、ここに表示されます。

まずプロジェクトエクスプローラで、何に対してプログラミングを行なうのか、選択することになります。


【4】プロパティウィンドウ

excel-vba-05.gif

プロパティとは、属性のことです。

例えば、ユーザーフォームを作成し、テキストボックスやコマンドボタンを配置した場合を考えてみましょう。

ユーザーフォームの各部品をクリックすると、プロパティウィンドウの内容が切り替わります。

各部品は、プロパティで「オブジェクト名」という名前を付けることで、プログラムの中で扱えるようになります。

*オブジェクト名が特に大事

また、フォントサイズや文字色、背景色など、細かい設定も、全てプロパティウィンドウで行なえます。

プロパティは、プログラムでも直接変更できますが、プロパティウィンドウを使うと、設定が楽です。

プロパティウィンドウの項目は、選択したオブジェクト(対象となる物)によって変わります。


次は実際にプログラミングを行なう、エディター機能を表示してみましょう。

【5】プロジェクトエクスプローラで「Sheet1」を選択し、「コードの表示」ボタンをクリックします。

excel-vba-06.gif


【6】するとVBEの画面右側に、「コードウィンドウ」が表示されます。

excel-vba-07.gif

このコードウィンドウで、VBAプログラミングを行ないます。

今開いているのは、「Sheet1」に対してのコードウィンドウです。

コードウィンドウは、いくつも開くことができます。切り替えは、プロジェクトエクスプローラで行なえます。


【7】コードウィンドウの下には、「イミディエイトウィンドウ」が表示されます。

excel-vba-08.gif

イミディエイトウィンドウは、変数の内容を表示したり、関数を実行して、結果を表示したりできます。

また、プログラムの実行中に、状況を表示したい時にも便利です。

したがってプログラミングをする時には、とても重宝するツールです。

もしイミディエイトウィンドウが表示されていない場合は、VBEのメニューから、「表示 → イミディエイトウィンドウ」で表示できます。

excel-vba-09.gif

表示メニューでは、他のウィンドウの表示もできるので、ぜひ覚えておいてください。


【ワンポイント】
VBEの各ウィンドウは、表示したり、非表示にすることができます。また切り離して移動できるし、再びドッキングすることも可能です。

サイズの変更も自由自在です。

プログラミングに慣れてきたら、あなたの使いやすいように、VBEの画面構成をカスタマイズするとよいでしょう。



ExcelでのVBE(Visual Basic Editor)の起動と終了方法について。

ExcelVBAプログラミングを行なうには、VBEという統合開発環境を使います

・VBA(Visual Basic for Applications) プログラミング言語
・VBE(Visual Basic Editor) 統合開発環境

名前が似ているので、ややこしいですが、この機会に覚えておいてください。

今回は、VBEプログラミングの最も基本である、VBEの「起動」と「終了」方法について説明します。

【1】Microsoft Excelを起動します。

excel-vba-01.gif

ファイルは何でもかまいません。Windowsのスタートから、Excelを起動してもOKです。


【2】キーボードの「Altキー」を押しながら、同時に「F11キー」を押すと、VBE が起動します。

excel-vba-02.gif

*VBEの画面構成については、次回に説明します。


今回はプログラミングを行なわずに、すぐに終了しましょう。

【3】ウィンドウの「閉じる」ボタンをクリックすると、VBEが終了します。

excel-vba-03.gif


【4】すると、最初のExcel画面に戻ります。

excel-vba-01.gif

つまりExcelとVBEは、別々に起動しているということです。

VBEを終了しても、Excelは終了しません。逆にExcelを終了すると、VBEも一緒に終了します。

*「保存」ボタンも、それぞれにあります。


【解説】
実はExcelからVBEを起動する方法は、他にもあります。

例えばExcelのメニューから辿って、VBEを起動することもできますが、面倒です。

excel-vba-10.gif

今回のキーボードを使った方法(Alt+F11)だけ覚えておけば大丈夫です。これをショートカットキーといいます。

ショートカットキーなら、マウスを使うことなく操作できるので、プログラミングや何か入力をする時には、とても便利です。

特にタッチタイピングができる人は、キーボードから手が離れると、作業効率が悪いと感じ、ストレスになります。

そこで便利なショートカットキーを覚えておくと、プログラミングのような入力作業が、はかどります。


【ワンポイント】
VBEは、Microsoft社の Office 製品で、共通して使えます。

したがって、Word(ワード)や PowerPoint(パワーポイント)など、他の Office 製品でも、VBEの起動方法(Alt+F11)は、まったく同じです。

また Office 製品をインストールすると、VBEもすぐに使えるので、特別な準備は不要です。この手軽さが、プログラミング初心者におすすめする理由の一つです。

ExcelのVBAを習得すると、こんなことが出来るようになる。

ExcelVBAプログラミングが出来るようになると、今の100倍は活用の幅が広がります。

Excel(エクセル)は、とても便利な表計算ソフトウェアです。

Excelには、豊富な関数があらかじめ用意されているので、それらを使うだけでもいろんな処理が出来ます。

普段の仕事で使う程度なら、既存の関数だけでも十分です。

しかし、Excelにはもっと凄い能力が秘められているのです。それを引き出すのがVBAです。

あなたがVBAを使えるようになると、以下のようなことができるようになります。

(1)オリジナルの関数が作れる。
Excelは、あなた自身でオリジナルの関数を作ることが可能です。

既存の関数を組み合わせたり、新たに処理を加えて、独自の関数が作れます。

ユーザーが独自に作った関数を「ユーザー定義関数」といい、既存の関数と同じように、Excelのワークシート上で使うことができます。

例えば、たくさんの関数を使い、複雑な処理が必要な場合でも、ユーザー定義関数として作っておけば、簡単な関数名だけで呼び出すことができます。

最初はイメージし難いかも知れませんが、とても便利です。これだけでもVBAを習得するメリットがあります。

当講座では、ユーザー定義関数を作る方法についても取り上げます。


(2)メールの送受信ができる。
ExcelのVBAを利用すると、メールを送信したり、受信することができます。

しかも普通のメーラーには無い、高度な送受信が可能になります。

例えば、送信先を抽出してからメールを一括送信したり、メールの件名や本文に氏名を自動挿入するなどの使い方ができます。

もちろんメールを受信することもできるので、Excelのワークシートに保存できます。

またメールの本文から、情報を切り出し、列ごとに分けることも可能です。

詳しくは メール送信・受信プログラミング初心者入門 をご覧ください。


(3)XMLが扱える。
ExcelのVBAでは、XMLのデータを受信することができます。

最近では、XMLを提供しているWebサービスやブログが増えてきたので、活用の幅が広がります。

例えば、Excelでオリジナルの「RSSリーダー」を作ることができます。

さらに、ネットショップのWebサービスAPIを使えば、Excelで商品情報(XML)を取得して加工し、オリジナルのネットショップを構築できます。

楽天ウェブサービスAPIなどが有名です。

詳しくは 楽天ウェブサービス初心者入門講座 をご覧ください。

上記のページは、JavaScriptを使った例ですが、XMLはExcelに取り込むことも可能です。


(4)システムトレードソフトウェアを開発できる。
ExcelのVBAで、株や為替(FX)を売買する「システムトレードソフトウェア」を開発することができます。

FXや株式投資関連のWebサービスAPIも登場しているので、独自にシステムトレードソフトウェアを開発し、実際に取引することが可能です。

あなた独自の法則を見つけ出し、自動的に売買するようなシステムを作ることが可能です。儲かるかどうかは別ですが。

↓関連する記事もご覧ください。
WebサービスAPIで、オリジナルのシステムトレードソフトを開発する方法。


(5)ゲームを作れる
ExcelのVBAを徹底的に使いこなすと、アクションゲームを作ることも可能です。いろいろ本が出ているので紹介します。

Excel VBAアクションゲーム作成入門


ゲームを作る過程で、いろんなことが学べるので、プログラミングテクニックが向上します。

もちろんVBAプログラミングの基礎も学べるし、一石二鳥です。


以上はExcelでVBAを習得した場合にできることのほんの一例です。もっともっと可能性は広がります。

あなたもVBAを習得して、Excelを今の100倍活用できるようになりませんか?

当「Excel VBA初心者入門講座」では、そのノウハウを無料公開しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






Excel VBA 初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。